6月次投資状況と累計資産額のご報告

貯金ゼロから1000万円貯める計画

こんにちはリーマン★ダイです。😁
今日も一日頑張ってゆきましょう。週の真ん中水曜日を折り返し週末に向けてレッツゴー!🏎🏎

先日は、ブログ運営開始4か月達成のご報告をさせて頂きましたが、沢山の方にアクセス頂きありがとうございました。本当、これまでもフォロー頂いておりました方や、その記事をきっかけにフォロー頂いた方も色々諸々宜しくお願いします。

今回の記事は、今年も本日6月末をもってあと半分となった訳ですが、先ずは6月末時点の投資状況と累計資産額のご報告をさせて頂きたいと思います。
こちらの記事から始めて読まれる方もいらっしゃると思いますのでリーマン★ダイの自己紹介をさせて頂くと共に4か月分の資産形成状況についても、惜しみなく過去記事として公開しておりますので是非そちらも参考に見て頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

自己紹介

当サイトでは、節約、資産投資を行い、10年後に1000万円の資産形成を目指して活動しております。
また家計簿公開や資産投資状況と累計資産額についてもブログで毎月公表させて頂いております。

1000万円までの資産形成の為、毎月10万円以上を貯金と資産形成に投資を継続中です。未だ未だ金額としては大した額も貯まっていませんが、是非今後も応援の程宜しくお願いします。

6月度の資産投資状況と累計資産額のご報告

※先に補足させて頂きます。これから表示される金額についてはブログ開設から積立を行った金額でありリーマン★ダイの全財産の金額とは異なりますし、またこの金額を見て頂き誰かに自慢するつもりもありませんし、誰かを抽象的に傷つける為の金額公表とは異なりますので、気分を損ねてしまった場合については大変、申し訳ございません。
しかしながら、当サイトの核となります10年後の資産目標1000万円を達成させるためには数値的な私の取り組みを公表していかなければ、毎度アクセス頂き応援頂いている方々にとって、指標に対し、順調なのかどうかご判断いただく基準を毎月数値化されている事で、また新たな1ヶ月の取り組みの起点となると信じておりますので、ご理解の程宜しくお願いします。

6月の市場の状況については、5月に引き続き、アメリカのインデックス指標は好調で、最高値を更新している状況でありました。本当に感謝を申し上げるのみです。日本のいくつかの指標の中の1つとして日経平均は、上昇トレンドではありますが、3万5千円代に突き抜ける為の判断材料としては影が薄く、毎度押し戻されていったり来たりを繰り返す市場状況ではございましたが、おおむね順調の概況でありました。

それぞれの状況について確認してゆきたいと思います。

自社持株会

持株会については、皆さまご存知の通り賛否両論の声が多数あります。色々なご意見結構と思います。結局、自分の所属する会社の母体がどの程度信用性、未来の有能性を信じられるかどうかだと思いますので何が正解ではありませんが、株式投資の大原則にありますセクターの分散投資の有効性についてはタブーだと考えています。業績悪化時には給料と株価が一緒に減額されてしまった場合には共倒れの可能性が高くなりますので、是非自社の将来性についてもIR情報を調べてみるのも良いかもしれません。

6月末時点、10500円(給料分)積立投資が約定しましたが、42000円(ボーナス分)は未だ約定されておらず、金額反映はかかっておりませんが、6月末時点で5月末に比較し、+148,734円の増額です。
こちらは、経済ニュースにも取り上げられて宣伝効果があったのか分かりませんが、順調に株価上昇して、6月は良い市場相場であったと考えております。

つみたてNISA口座(投資信託)

こちらも、毎月の恒例として楽天カードで満額3万3千333円を積立いたしました。
変動値としては+47,581円でした。

投資対象としては過去記事でも紹介しておりますeMaxis Slim先進国株と新興国株の2本です。
その2本を選択するのであれば、eMaxis Slimの全世界株を1本に積立してゆけば経費率も低く安くなるのではないか?という意見もあると思います。

私もそう思います。しかし私の持論ですが、全世界株ですとマイナス成長のセクタにも投資して、いざという時のヘッジをかけているのですが、マイナス成長分に投資するのは勿体ない。と考えたのです。
マラソン大会の1位から5位に賞金をだすのはいいが、6位~10位に賞金は出したくない、各分野(先進国株の中、新興国株の中)の1位~5位までのトップのアスリート(株)に投資をしたほうがより研ぎ澄まされた株式に投資ができるのではないかと考えています。(これが正しい理解という事ではありません)

しかし、過去に述べた事もあるのですが新興国株の詰め合わせ投資信託を購入したとしても半数は、米国株式に投資するようになってしまうため、私のポートフォリオは、米国株に向かって集中してます。
6月の全世界的な動きとしては、先進国アメリカ、EU諸国、インドをはじめとする各国ではCOVIT-19のワクチン接種が開始され一定以上の効果、集団免疫力を確保しつつあり、今後の消費や旅行業界、空港業界産業に客足が回復してゆく期待が集まりますので、今後の市場動向は注目です。

特定口座(投資信託)

併せて楽天カード決済で毎月2万5千円+αを先ほど同様eMaxis Slim 先進国株とS&Pに積立してます。
こちらも市場の動向については前述のとおりですので割愛しますが、コロナワクチンによる集団免疫を達成した後の消費者物価指数が上昇してゆく事を切に願います。

6月末時点で合計3万5千500円投資して、前月比としては+44,538円の結果でした。

米国株(ETF)

先月掲げた目標にも挙げておりましたが、6月はボーナス月になりますので、毎月の積立投資は一時停止しておりますがボーナス10万円分をETFに積立投資をおこないました。
しかし、為替の関係もありますが、変動値としては+9万4千538円で厳密にいうとマイナス約5000円の結果でしたが、6月は、ETFの分配金配当が出ていますのでモチベーションはキープです。
(マイナス分取り返す程の額は出ていませんが)

日本株(J-RIET)

こちらは6月も投資積立は一切おこなってはいませんが、前月比で1900円の含み益が上がりました。
日本の地価は上昇し続けているというのは間違いではなさそうです。
しかしながら、未だ全力で資金を投入してゆくような投資対象としては考え難いところです。

外貨預金

先日、住信SBIネット銀行を開設してから、はや2か月が経過しますが、毎週水曜に5千円ずつ米ドルを買っています。6月30日時点、52,618円(円換算)になっています。前月比で24,796円のプラスです。
しかしここには、毎月の積立2万円プラス米国ETFの分配配当金も含んでおりますので殆どが積立資金で拡大している事になります。

円積立預金

5月から給料分で米国ETFのの購入を停止しておりますので、その分の資金を円積立預金に積み立てております。あまり増減はございません。

まとめ

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。今日は毎月恒例の6月度月次資産投資状況と累計資産額のご報告をさせていただきました。

6月の全体の投資額としては、23万9千333円投資する事ができ、変動値としては、+37万1千318円のプラス含み益の結果で取りまとめる事ができました。

達成総額347万1千930円。つみたてNISA除くと260万1千533円となります。そして目標1000万円に到達まで残り、739万8千466円となりました。今月も暖かいご声援ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました