公共料金のカード引き落とし変更(楽天)

貯金ゼロから1000万円貯める計画

みなさん、こんにちわリーマン★ダイです。😁
公共料金の支払いって、みなさんどうしてますか?
最近、当たり前に設定できているクレジットカードの引き落としの方、根強い現金派の方、銀行引き落としの方もいらっしゃると思います。リーマン★ダイの公共料金支払いスタイルを今日は解説したいと考えていますので、どうぞ最後までお読みください。

スポンサーリンク

自己紹介

いつもブログにアクセスありがとうございます。
先日ブログサイト開設2か月が達成できましたという事で記事にしたのですが、反響が大きく沢山の方に目を通して頂いていると思うと、身が引き締まる思いです。(メンタル的な話で、フィジカルは別)

Twitterをながめていた時に呟きがありました。
100記事書いて一人前』とありました。まだまだ投稿足りてない日々です。頑張ります。

NHK受信料の請求書が届く

今朝、郵便ポストに届いたNHKの受信料請求書がきました。期間:今年2月から5月分の受信料を支払いお願いしますというものです。
過去記事に書いた事あると思うのですが、私は今年2月でJCOMインターネット、テレビ、電気を解約したのですが、ちょうどそのタイミングでNHKの受信料が団体割引で引き落としされるかされないかの瀬戸際だったため、支払いが完了していませんとの回答でした。(NHKの受信料相談センタ)
色々と話をして説明しましたが、取り決めなのでという事で、料金はお支払いするしかないみたいでしたので了解せざる終えませんでした。
しかし、確かに私はハガキが届いた時点でクレジットカード情報を入力し、郵便ポストに返送したのですが、クレジットカード情報が登録されていませんとの事でしたので、私のカード情報を記載したハガキはどこに行ってしまったのか行き先不明です。残念。(年間費として2100円程、今年は余計に支払いしなければならない状況です。)
セキュリティ的にも、メインの楽天カードを登録しようとハガキにカード番号を記載して送付したので不正な請求がないか不安です。暫くの間、クレジットカード利用状況を注視していたいと思います。

受信料払い込みはクレジットカードで

仕方がないので振込用紙に書かれた金額を支払う為、どうしようか考えていたところYahoo公共料金で1回支払いをできる事が書いてありましたので、そちらを選択。(2022年3月でYahoo公共料金によるNHK料金支払いはサービスを終えてしまうそうです。継続支払いを設定されている方はNHKサイトで引き続きの継続公共料金支払いを設定できるようになっています。)お客様番号と、確認番号を入力したら、いつもの楽天カードでサクサク支払い完了しました。
さて、皆さんは振り込み用紙もってコンビニで現金で支払いますか?郵便局、銀行に行って口座引き落としにしますか?
どれも正解だと思いますが、現金、銀行口座支払いの方、クレジットカードにするとポイントが貯まりますよ。おそらく100円につき1ポイントとか。1ポイントは1円として現金と同価で利用する事ができますので、お得なんですよ。結局、銀行から出金して支払うとか口座引き落としだったとしたら、クレジットカード払いでも大差ありませんよ!

うちの親
うちの親

でもクレジットカードってその場で引き落としじゃないから

いくら使ったか分からなくなっちゃうから不安。

インターネットで詐欺もあるっていうからカードも作ってない

現金でも家計簿ってつけているよね?

カード決済情報を取り込んでくれるマネーアプリも沢山あるんだ。

アプリも銀行のセキュリティも強化されていて詐欺も抑止する取り組み

やっているんだよ。


どんなクレジットカードを作成すればいいかは、人それぞれ異なってくるので、モデルケースを用いて別途記事にしたいとおもいますが、簡単に云うと普段使っているサービスに付随するようなカードが今後のメリットにつながりますよ。(自動車通勤の方はガソリンスタンドのカード、電車をよく乗る人Suica付帯のカードなど)

楽天カード公共料金支払いに対するポイント付与率変更(6月~)

さて、皆さん楽天カードを利用されている方は、4月時点でかなり無料の楽天カード会員になった方が沢山いらっしゃると思いますが、今後も規約改定が続いてゆきますので、心してお得な情報を取り入れてゆく必要がありますので今後も最新の情報に敏感にならなくてはなりませんね。

6月からは、楽天カードの公共料金支払いに対して、従来は100円につき1ポイントが付与されていたのですが、今後は500円につき1ポイントに変更が始まります。
なので、これまでクレジットカード払いをしていた方は、そのままにしておくとポイントロスが発生してしまいます。おススメは別のカード請求に変更されたほうが良いと思います。

リーマン★ダイも漏れなく該当してしまいますので、公共料金の支払いに対しては、サブのクレジットに変更をしようと考えていたのですが、銀行のキャッシュカードに付帯のデビットカードに変更することにしました。

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/card/adways/


デビッドカードとは、カード決済を利用した、その時に自分の口座残高から支払い行われるカードになります。

楽天銀行で口座を開設すると無料でキャッシュカードに付帯されて発行され、年間費も永久無料になっているし、何よりもデビットカードで決済を行ったとしても100円ごとに1ポイントが付与されます。
これは、現在のクレジットカード払いのポイント付与率と変わらないです。
また、6月からの規約改定の中にはデビットカードのポイント付与率改定は含まれていませんので、これまで通りポイントを取得する事ができるのです。
しかし、メリットだけではありません。クレジットカードのように一括で引き落としになりませんので都度支払いが行われてしまいますので口座残高に不安がある方にはおススメできません。
口座残高にある程度の資金が入っていないと不履行になってしまいますので注意が必要になります。
勿論、これまでも述べてきておりますが、ポイントが分散してしまうと活用する際に、パワーが出ませんので、サブのカードに変更するよりも、デビットカード1択になると思います。
一度、検討されてみても良いのかなと思います。

まとめ

まとめになります。

  • ①公共料金の支払いは現金払いよりもクレジットカード払いのほうがポイントが付与されてお得。(各種カード会社によって付与率は変わるが大体100円で1ポイント。ポイントは1ポイント1円で利用する事ができる)
  • ②楽天クレジットカードについては6月からの公共料金に対す支払いポイントが1/4化されてしまい500円で1ポイント付与になる為、放置しておくとポイントロスが発生してしまう。
  • ③別会社の発行するクレジットカードに変更するもしくは、楽天銀行発行のデビットカードに変更する。

楽天デビットカードは支払いを行うと即、銀行残高から出金がされるため口座残高に不安がある方は利用するのはリスキーである。それ以外の方は、デビットカードに変更する事で、6月以降も100円につき1ポイントの楽天ポイントを取得する事ができる。

たとえ別会社のクレジットカードに変更してポイントを取得しても、メインのカードである楽天ポイントと合算できない為、ポイント利用する際に、パワー不足で利用できないポイントが残ってしまう。
楽天ポイントのメリットは多種多様な業種で消費する事が可能なため、ポイントを持て余す事が少ない。

といったところで本日はいじょうになります。ありがとうございました。

最後に、わたくし事ですが、現在ブログ村のランキングに挑戦しています。
もしもお時間に余裕がありましたら、右側サイドバーにございます、ランキング投票にクリックして
頂けますと大変たすかります。是非宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました