マネーフォワードMEカテゴリ・カスタムして自分仕様に改善

貯金ゼロから1000万円貯める計画

こんにちわリーマン★ダイです。😁

GW5連休始まりましたね!今日は午後から天気急変して雷雨の関東。
明日も天気は回復するそうですが、雨予防のため折り畳みがあると便利だそうです。
お出かけの予定がある方は、荷物になりますが是非傘を持っていってください。

さてきょうの記事についてはマネーフォワードMEで家計管理を開始して、何となくご自分の支出が把握できるようになってきた方へ向けて管理項目のカスタムをして自分なりの仕様に変更して使いやすくしてゆく方法と、リーマン★ダイの実際の利用事例をご紹介して管理してみた結果なども共有してゆきたいとう思いますので是非最後まで読んでいってください。

★今回の記事の注目

  • 家計簿アプリ:マネーフォワードMEの項目カスタム方法
  • リーマン★ダイの実際の実例紹介
  • リーマン★ダイの項目カスタマイズの結果を共有
スポンサーリンク

自己紹介

GWも一生懸命情報インプットし知識を蓄えます。今日の学習は○○年後の自分の血肉になっているといいですが、そうなっている事を望んでいます。

家計管理する目的を明確化

リーマン★ダイのブログで家計管理が大事だよと一番最初に投稿させて頂いたのが2月末の事になります。それ以来2か月が経過して、みなさんもマネーフォワードME登録をして頂き、行動力のある方は自分なりに家計管理してひと月分もしくはふた月分の支出を大枠で掴めてきましたでしょうか?

マネーフォワードアプリは非常に使いやすく必要最低限の管理項目は既に登録されていますので、そのまま使っても勿論問題なく支出管理はできるのですが、普通の家計簿にはない管理したい項目って皆さんどうしていますか?
利用頻度が少ない項目を代用して、管理目的に使用してみたりすることも可能だと思いますが、項目が複雑になってしまいますと、どうしても何を管理しているのか煩雑になってしまい簡素化ができずにモチベーション低下につながりやすいです。

例えば、リーマン★ダイのケースを書かせて頂きますので、必要に応じて皆さんの場合にお読み替え頂ければと思います。

リーマン★ダイの家計簿は、食料品の買い物について肉をいくら買ったとか野菜が少ないとか、細かく細分化して家計簿に記載していないですし、管理する対象としても見ていません。
管理栄養士の先生の家計簿と禍の場合、〇月〇日の晩御飯は▲▲▲で買い物は何をして作りました。
付け合わせのサラダは○○にして、栄養バランスOKなんて記載もメモとして残しているかもしれませんが、私の場合は、献立のメニューについて将来1年後とかに振り返って確認したとしても活用する方法が思いつきません。
それなら私の家計簿に夕食の献立は必要ないのだと判断ができますので、管理項目から献立メニューははずされます。
つまり人それぞれですが、管理したい項目が微妙に異なるという事です。
それに気づかずに標準で表示されている管理項目に合わせて項目を埋めてゆく事は時間の無駄につながります。私の場合ですと、今年の〇月の食費支出が○○○○円で去年の〇月の食費に比べると○○○円節約できているぞ!って比較ができれば良いのではないかなと思っています。


💡ポイント💡

  • みんな人それぞれ管理したい項目は異なる
  • 無理に標準フォーマットに倣って入力していると時間の無駄
  • 管理項目が不足している場合は改善が必要

また私のケースになるのですが、食費については無駄遣いを減らすためにコンビニ、自動販売機の利用回数を明確化する為、通常の食費管理項目とは分けて管理をしたいと考えました。

食費として管理してしまうと浪費項目が食費に混ざり込んでしまう為、自分自身のマインドを緩めてしまう事になってしまいます。
皆さんも、そのような経験ありませんでしょうか? ビール・缶チューハイの金額を食費に含めてしまうと自分の浪費が正当化された理由になってしまうような感覚を覚えます。

本来であれば、飲酒代金は、食費とは別の管理項目で管理したほうが浪費として自分で認識しやすくなります。

私の場合は、自販機とスーパー、コンビニをカスタマイズで項目追加させて頂き、管理するように変更して運用しています。(勿論、カテゴリのカスタマイズは無料会員でも可能の機能となっています。)

さらに先ほどのお酒費用を項目として興す事もできますが、その辺は毎回のカート情報が反映されてからの労力が大きく、管理するのには手間が多き過ぎるので現在は行なっていません。
もしも現金決済を行っている方で、お酒の費用は別管理したいと思う方がいらっしゃる様でしたら挑戦されても良いのかなと思います。

マネーフォワードME カテゴリカスタム方法

ここからは、マネーフォワードMEの画面で実際にカスタマイズしたい項目について解説してゆきたいと思います。そんな難しい事ではないので一緒に順を追ってこなしてゆきましょう。

(1)マネーフォワードMEアプリの下方にある入力をタップします。

(2)入力画面が表示されるので、管理項目を選択します。

(3)カテゴリ選択一覧が表示されますので、自分が管理したい大項目のカテゴリを選択します。
※今回は、事例としては食費のカテゴリで新たな管理項目を増やしてゆくやり方を追記します。

(4)選択したカテゴリの最下層右側に、カテゴリ追加のボタンがあるのでタップします。

(5)下写真のように新しく作成したいカテゴリ名を聞かれますので、任意のカテゴリ名を入力しOKをおしてください。

追加入力した項目が表示されている事を確認したら、以上で新しい項目の追加方法については完了。

リーマン★ダイのカテゴリ追加事例とその後の運用状況

新たに項目追加できたと思いますが、そうしましたら一寸メンドクサイのですが、過去月の項目振り分け前の登録情報についてもカテゴリを仕分けしてあげてください。1度行っておけば、今後登録されるカード情報データについては自動で振り分けされる学習機能がありますので結構使える機能になっています。

さてリーマン★ダイのカテゴリカスタムについては前述のとおりですが、コンビニ利用と自販機利用を浪費と考え少しでも金額を減らしたいと考えており、該当2件を食費の別管理項目として管理する事を決定しました。

さて、では3月と4月の食費の推移について確認してみたいと思います。

3月と4月の食費について纏めてみました。
一見、コンビニ利用費は低下しているように見えますが、全宅としては3月のほうが食費としては
低く抑える事ができています。
自販機費用についても、4月になると気温差も上がり、どうしても炭酸飲料を飲みたくなってしまう時がちらほらあった事も増加した要因になっています。
また、3月は、在宅勤務が多かった為、自宅の場合誘惑が少なくて済むのですが、出勤していると自販機や、コンビニお菓子など誘惑が多いです。4月は緊急事態宣言が解除されていた間も通常出金しておりましたので、在宅勤務のほうが節約しやすいと考えております。
夕飯の準備も考えると、在宅勤務終わって直ぐに夕飯の準備に取り掛かる事ができますので、自炊しやすい状況がそろっています。
会社出社していると定時で終われなかったり、移動時間が入ったりでヘトヘトで帰ってくると、どうしてもスーパーのお惣菜とかで簡単に済ませてしまう事が多くなってしまいます。

この辺は一長一短ですが、今後も継続してモニタリングをしてゆきたいと思いますn。

まとめ

今回はマネーフォワードMEで管理項目をカスタマイズして自分仕様にして使いやすくする管理手法についてご紹介しました。既に取り入れて行っていた方や、これを読んで頂いた事でカスタマイズしてやってみようという意欲をもっていただいた方に大変感謝いたいします。

まずは家計管理を行い、ご自身の収入、支出を明確化し、自分は何に浪費を行っているのか、何を改善して行ったらよいのかを月末必ず反省を行いフィードバックをおこなってみてくあさい。
勿論、ご家族がいらっしゃる方は1人で考えこんでしまうのではなく、家族会議を行い家計について見つめあう時間をとって頂く事により、協力しあう事ができますので、先ずは10分、15分の雑談としてお金会議を行う事をおススメいたします。
自分だけの意見を押し付けるのではなく、原因に対して相手にも考えてもらう時間をとり、色々な視点からアプローチ方法をブレインストーミングしてゆく事がよろしいのかなと思いました。以上。

最後に

最後に、リーマン★ダイの更生雑記ブログでは、現在ブログ村のランキングに挑戦しています。
もしも当ブログを応援頂ける方がいら写りましたら、サイドバーにあるランキング投票に1票投票をお願いします。

また、アメーバブログでは、リーマン★ダイのサブブログ金融、節約にまつわる事以外のネタについても不定期にブログ日記書いていますので、リーマン★ダイってどんな奴か一度見に来ていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました