ネットショッピングの節約攻略法

貯金ゼロから1000万円貯める計画

この記事では、コロナ禍で外出自粛が多くなってきている中で、やっぱりネットショッピングを使って買い物する事も多くなり、セクター全体の利益はうなぎ登りになっている中、皆さんはネットショッピングされていますか?

この記事を最後までお読み頂くことで、ちょっとしたルールを守ることで今後のネットショッピングとして節約手段をご紹介してゆこうと思いますので最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

自己紹介(既にお読み頂いている方は読み飛ばして下さい。)

乾燥肌のリーマン★ダイは、ニベア愛好家です。手足保湿して生活しています。

皆さんは、どんな保湿クリーム使っていますか?

ネットショッピングのメリット・デメリット

普段、何気なく利用しているネットショッピングですが、中毒性があり、買い物せずにはいられない衝動に駆られることがあるようです。

リーマン★ダイがインターネットでネットショッピング浪費って検索するとトップに上がってくる記事は2017年の記事。

ネットショッピングを止めるには、クレジットカートを持たないようにしましょうと記載されており、それはもう、コロナ禍の状況を未だ経験したこと無いから、そんな事書けるんだよと思ってしまいましたが、クレジットカードで買おうと現金で買おうと、自分で判断して買い物した手段が一番大事だと

思っているリーマン★ダイです。

ここでは、メリット・デメリットの一例をかき出してゆきます。

メリット

  • 実店舗がないので、価格が安く購入できることが多い。
  • 割引セールやキャンペーンが定期的に開催されておりお買い得に買える。
  • 重たい荷物を玄関まで運んでくれるので楽ちん。
  • 指1本で何でも買えてしまう。
  • ストレス発散(?)

デメリット

  • ワンクリックで買えてしまうため、浪費につながりやすい。
  • 期待した商品が届くとは限らない。
  • 返品・返金対応が煩わしい。
  • スタッフがいないので質問ができない。
  • 個人情報が漏洩するリスクがある。

メリットに記載のストレス発散のためにネットショッピングをされてしまっている方も多いと思います。

消極的なストレスの発散方法は、ネットショットショップしか儲かりませんので、できれば別の事で改善してゆけるとよいともいます。

それでは、ネットショッピングを攻略する節約方法についてご紹介してゆきたいと思います。

ネットショッピングの節約例

ここでは、まず始めに6個の節約方法についてご紹介し、そのあと順に解説してゆきたいと思います。

  • 時間を決めて買い物をしましょう。
  • 深夜のショッピングを避けましょう。
  • お酒を飲んでショッピングをしない。
  • とりあえずショッピングカートに入れて一晩寝かせましょう。
  • セール価格に惑わされない。
  • あと〇〇〇円で送料無料サービスに執着しない。

いかがでしょうか、何個かは既に知ってるし、実行しているって方もいらっしゃるのではないかなと

おもいます。

全部やっている方は、節約家としての道のりを歩んだプロフェッショナルだと思います。

時間を決めて買い物をしましょう。

ネットショッピングサイト、店舗数は無数にありますので少しリサーチするだけのつもりで検索をし始めたのに、次から次へと店舗をはしごしていると、時間なんて直ぐに経過してしまいます。

ネットショッピングを行う際に使う時間というのは、時間単価で考えるとすごく勿体ない消費をしていますので、上手にコントロールしてゆきたいです

ネットショッピングを開始する前に、1時間だけ見てみると先に決めておくとよいでしょう。

消費した時間で、自己啓発の書籍、参考書はたくさん読めるとおもいますので深追いしない様きおつけてみてください。

深夜のネットショッピングを控えましょう

これも先に提案させていただいた時間を決めてショッピングをしないと、どんどん深夜に突入してゆき次の日の仕事に響いてしまいます。

仕事中に眠気が襲い、仕事が非効率になってしまい残業をせざるを得ない状況になってしまったら、

副業でブログ書く時間もないですし、家族の団らん時間も削られてしまいます。

負の連鎖が続きますのでどこかでたちきらなくてはなりません。

また、深夜になれば、なる程、判断力が鈍くなります。

衝動買いで購入してしまうのも深夜時間帯に多くなる傾向がありますので注意が必要です。

お酒を飲んでショッピングをしない。

こちらも同じです。飲酒をした後は車に乗らない。理由としては、判断力が鈍るからですね。

ネットショッピングについても同じです。

お酒が回って、冷静な判断ができず、衝動買いに走る傾向にあります。気を付けてください。

リーマン★ダイも昔、飲酒をした後にAmazonで買い物して、そのまま寝落ちしてしまったことがあります。

朝起きて、クレジット決済の通知がメール来ており、浪費に使ってしまった経験があります。

寝落ちする前の事は記憶が全然残ってなかったのですが、届いた商品はそのままメルカリ出品になりました。

ショッピングカートに入れて、一晩寝かせてみましょう。

この記事を読んで頂いている方の中には、楽天ヘビーユーザの方もいらっしゃると思うのですでに実践しているかもしれませんが、欲しい商品はショッピングカートにいれて5と10が付く日を待ち焦がれている方もいらっしゃると思います。

それに近いかもしれませんが、その商品を本当に自分が欲しいのか、一晩寝かせて、頭をクールダウンしてから、それでもやっぱり欲しいと思ったら買ってみてください。

一晩寝かせた事で我慢できるものであれば、欲望のコントロールができた証です。

自分を自分で褒めてあげてください。

セール価格に惑わされない。

〇〇セールを開催!って飛びついてしまうと、セール価格が普段の価格よりも上昇している可能性があります。

欲しい物がある場合は、平常期間(セールを実施していない期間)にも価格検索を行い、基準価格をリサーチしておく事で、セール時のお得な販売戦略に踊らさせられずに平常時でも安い時に購入する事ができると思います。

また、価格とは別に送料が発生する場合がありますので、価格+送料の総額でお得かどうか見極める必要があります。

あと〇〇〇円買ったら送料無料に執着しない。

先の提案でも挙げていますが、あとちょっとで送料が無料になるってときに、どのくらいまでなら

購入していますか?

送料無料に執着しすぎると、浪費につながってしまいますので、他にも購入する必要がたまたまある時には是非活用して購入する事がおススメいたしますが、本来、商品発送までには人件費がかかっていますので、商品価格+送料の総額で、お得なお店を探すほうがスマートかもしれません。

まとめ

今回は、ネットショッピングにおいて攻略する節約法について6選を紹介させていただきました。

普段のインターネットで購入する際、ルールを守ってお得に買い物できる事を願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました