経過報告:2021年USドル積立買付状況(6か月経過)

貯金ゼロから1000万円貯める計画

皆さんこんばんわ、リーマン★ダイでございます。
今年は、1月4日より仕事始めでしたが、頑張ってブログの更新も行ってゆきたいとおもいます。

さて、昨年末から、ふって湧いた変異オミクロン株の影響により今後も日本経済、はたまた1強の米国経済をはじめ諸外国の経済活動が鈍化してしまう懸念もありますが今できる事に注力を注ぎ頑張ってゆきましょう。

また、コツコツと未来に右肩上がりの成長となると信じられる指数に1日も早く積み立てを行って行くことで、時間が見方になり大きな成長を実感できると歴史は物語ってあたおりますので、今後も継続して長期の積み立て投資を行なって行きましょう!!

スポンサーリンク

当ブログサイトのご紹介

このブログサイトをはじめて訪問して頂きました方のために少しだけ当ブログのご紹介いたします。
当ブログでは、金融教育をまともに受けてこなかったバツイチ子なしの平凡な会社員が長期分散投資を継続することにより1000万円の老後資金を作る事を目標に進捗状況を報告させて頂いている雑記ブログサイトとなっております。
※まだまだ勉強する事ばかりで誤った情報や、誤解を招く表現をしている事もありますので
 お気軽にお問い合わせ頂ければ、こちらも誠心誠意ご対応させて頂きます。

所有資産の確認方法

早速ですが皆さん現在、どのくらいの資産があるのか大まかと把握されておりますでしょうか?
自分の預貯金額がどの程度で、借入金がどの程度あるのか株式はどの程度、保有しているのか。
私はマネーフォワードMEで全て一元管理しております。
(案件とか強要、勧誘とかでは全なく月額登録しなくても無料版でそこそこ使えるクオリティ高い家計簿アプリと私は思っています。)

マネーフォワードMEを使えば、銀行や証券会社、ポイントカードにショッピングサイトの購入履歴、クレジットカードの請求まで全て確認が完了できるので、わざわざ調べる手間が省けます。

因みに、人は平均すると1ヶ月あたり76分間も探し物をしているといったアンケート調査が出てきており、些細な時間の積み重ねではありますが、年間にすると15時間も探し物に費やしていることになります。
こういった無駄な時間を効率的に一元管理できるシステムがあるのであれば積極的に活用
してゆかない手はないと考えています。

また同じアカウントを利用してご夫婦やパートナーと別々のスマホ端末などからアクセスできますので、お互いに家計管理に関心を高めることができ便利です。

所有する資産の日本円比率

さて、私たちは日本に暮らし、仕事をして対価を日本円で戴き、生計を立てています。
なので貯金も日本円で行い、一般的に所有資産についても日本円比率が高いと想像します。
しかし、日本経済の現在の成長率を考えると欧米諸国に比較して、大きく差をつけられている事が
実情になっています。
日本の金融機関においても、その昔の経済成長期には日本経済一強の時期があり、銀行口座に預金をしておくだけで年利7%リターンは当たり前の時代がありましたが、今では一部のネットバンキングを除き、大手メガバンクをはじめ雀の涙の利息が毎年付加されてくるのみになっております。
このまま日本円で銀行口座にお金を眠らせておく事は、今後政府が行ってゆくであろうインフレ政策に対し、資産は目減りしてゆく事をただ見守るだけ。売られ過ぎたバリュー株の塩漬けと同じです。

なので打開策としては、今後も経済成長と人口分布が綺麗なピラミッド型になっているアメリカ通貨を一定数所有しておくことに私はしています。

USドル積み立て購入

積み立て購入(ドル転)って難しい響き。思考停止してしまいそうで倦厭されがちですが、住信SBIネット銀行を使うことでご自身のペースに合わせた設定タイミングで設定額を定期購入してくれる為、設定してしまえば後は放置しておくだけでUSドルが購入する事ができます。
具体的な設定方法についてはこちらの記事を参照してみてください。

USドルを購入時には、経済ニュースで1度は目にした事ある為替相場によるレートで買付が行われ、時として安く多くのドルを購入でき、またあるタイミングでは平均よりも高くドルを購入する事もあると想定されますが、定期買付を繰り返してゆく事でドンドン為替コストは平均化されてゆきますので定期買付において為替コストは気にする程ではありません。
但し、ドル購入手数料は各金融機関により異なりますので、これは最安の費用で買付を行える機関を探す事は大切です。(住信SBIネット銀行で定期積立ドル購入をすると通常のスポット購入よりお得な手数料でドルを買付する事ができますのでお得かなと考えています)

リーマン★ダイも、昨年2021年の5月から定期積み立てを毎週水曜日に行っておりますので、今回の記事では継続積立ドル購入の状況についてもご紹介しようと考えています。

USドル積み立て状況(半年経過)

2022年の取引が開始し、1月4日時点で円安が更に進みましたので利益が更に出ています。

買付を開始した当時は1ヶ月ぐらいは5,000円を毎週水曜に定期買付設定をしておりましたので、
月4回の買付を行ってました。
しかし、1ヶ月経過したぐらいから6,000円分を毎週水曜に定期買付する設定に変更しています。

現在の累計USドル保有状況は1,795.25ドルになっています。(平均買付レートが111.4ドル)

1/4晩時点の換金レートは116.24円で取引されておりますので、累計USドルの定期買付の結果、
現状は、プラス8,689円の状況となっています。

新型コロナからの回復局面に於いては、日本経済の回復状況を鑑みるとドルー円相場では今後も円安に進む方向と私は考えておりますのでドル積立購入は継続して、リスク分散をとってゆきたいと考えています。

まとめ

今回は、皆さん日本で暮らす事に対する自国の保有資産割合を把握して今後のインフレ懸念を考えるとリスク分散の為、信頼度のあるアメリカ$を定期買付しておく事もよいと考えます。
買付したアメリカ$をSBI証券に入金してアメリカ株を購入するという方法もございますので手数料を気にされている方は、お試しください。

また今回は、リーマン★ダイの定期アメリカ$積立買付の状況を報告させていただきました。
みなさん、もっと投資の上手なか方は、リスクと上手にお付き合いし、膨大な利益を得られていらっしゃる本業の方やFX取引されている方もいらっしゃると思いますが、平凡なリーマン★ダイのリスク許容度では現在のご報告させて頂いた含み益がいいところどまりです。

みなさんも無理せず、ご自身それぞれに合ったリスク許容度を把握の上、投資と上手な距離感をもち退場しないで長ーく継続できる資産運用を目指してゆきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。
現在、Twitter・Instagram沢山の方にアクセス頂き本当にありがとうございます。今後も継続してブログ更新させて頂きますので是非フォロー宜しくお願い申し上げます。

※リーマン★ダイの更生雑記ブログでは現在、ブログ村ランキングに参加しております。
 もしも応援頂ける方は、ボタンをポチっと押してみてください。記事更新の励みになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました