貯金を継続する為の小さな事の積み重ね

貯金ゼロから1000万円貯める計画

今日は3月18日、3月も半分折り返して後半戦に入ってきました。

先月の終わりに、当ブログでは、3月から支出の把握を開始しましょうと記事を書かせていただきましたが、皆さんどうですか?

沢山の方が家計簿アプリをインストールして自分の支出を管理開始してくれている事を切に願いますが、実際問題、買い物した後に、レシートを写真撮って入力して項目設定してって、やっているとどうしても忙しい日や、気持ちが穏やかでないときにやっぱり疲れて止めてしまう事ってあります。

1日入力しないで、夜やればいいやってレシートを自宅に持って帰ってはみたものの、家では家で人気YouTubeのライブ配信あったり、毎週楽しみにしているドラマの続きって、一行に入力する時間って確保できなくなりがちです。

明日まとめて入力すれば、明日、明日と溜まっていき、ついには挫折。

そんな酷い末路にはなっていないと思いますが、3月の頭に、よし!これから自分の支出管理して無駄使いを炙りだして、節約して、一生懸命貯金始めるぞって思った時のモチベーションって、1日、2日、3日と時間がたつごとに冷めてきてしまいます。

この記事では、そんな一度燃え上がったモチベーションを取り戻して頂き、再度、支出管理に取り組んで行っていただけるような内容を目指して頂き、最終的には習慣化、自分の支出についてアプリに入力しないと身体が気持ち悪いという感覚になっていってもらえるように記事にします。

是非、最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

自己紹介

毎度、おつかれさまです。

のうてんきリーマン★ダイでございます。普段は会社勤めながら、全くといっていい程、金融教育をまともに受けていない会社員ダイが節約と貯金、最終的には1000万円の資産を形成するまでの試行錯誤と葛藤の状況をお伝えしてゆこうと考えています。応援の程よろしくお願いします。

Twitter、Instagramでもブログ更新情報を配信しております。Twitterアカウントでは、私の普段思う事などを細々と呟かせていただいております。Instagramにおいては、ブログ更新の連絡をさせていただく際に、ブログの記事内容を要約して図解にしてアップしておりますので、言葉足らずなダイのブログだけでは何を言っているのかわからないって時にはInstagramで図解を一度確認していただけると、理解度が深まると考えておりますので、

どちらのアカウントもよろしくお願いします。

モチベーションとは何か?

モチベーションとは、自分自身が何かに取り組むための意欲とか目的意識の事をいい、

モチベーションが高い状態の人とは、自分の努力と相乗効果で目的よりも上の結果を手にする事ができるような状態であり生産性が高く前向きに取り組んでゆくことができるチャレンジ精神旺盛な状態の事をさします。

反対に、モチベーションが低い状態の人とは、思考が消極的となり、生産性が落ちている状態で、だんだんと自分は〇〇〇をやらされている感が強くなり、新しい事へのチャレンジする意欲が減った状態の事をさします。

貯金においても、どちらが節約が多くできて貯金が貯まりそうか直ぐにわかりそうですね。

モチベーションって何で下がるの?

最初に、モチベーションを高めた時の事を振り返ってみてください。

家計簿アプリをインストールして貯金を始めようとした時に、そのお金を使って何をしたいのか良く考えていただく事で、目標が明確になっていればいるほど目先の行動が、いつまでに何をしなければはらないと考えて行動する事ができますよね。

タワーマンションを購入する為に、頭金を1000万円貯めたいから、一年間で最低100万円貯金したとしたら10年かかるだろう。一年で100万円貯めるとしたら月10万円は貯金しなければならないなら、支出が明確になってないと何を減らせばいいのか調査してみないと分からないですね。

つまり、モチベーションが下がってくるのは、自分の目標が漠然としていたり、月10万を10年続けるという金銭的に10万円貯金は難しいであったり、10年も継続しなければいけないといった期間に対する気持ちが萎える状態が続いてゆくと、ストレスを感じてしまい浪費に走ってしまいます。

そのため、貯金については過度の無理はモチベーションを低下させるだけで、細く長く続けてゆくこと貯金生活が崩壊し、心が疲れてしまいます。

その他には、節約したことで成果が目に見えない事で達成感を得る事ができないでモヤモヤしちゃう。

他には、家計簿アプリにいちいち入力するのメンドクサイと考えだすと負の連鎖がスパイラルになり楽な法に流れていってしまいます。人間はもともと意思が弱いから。

モチベーションを再度、上げてゆきましょう。

先ず、目標の見直しに取り組み、目標設定で不明確な事がある場合は、細部まで決めてしまうとよいかもしれません。

大目標:ゴールを設定できたら、次は、ゴールに到達するまでのチェックポイントのゴールを設定してゆきます。そうする事で、達成感を身近に感じる事ができるようになります。

自分で達成感ある途中経過の進捗については、必ず自分自身で称賛してあげるべきです

時には、小さなご褒美としてドルチェを1買って食べてみるとか、対価に合うご褒美をすることは大切だと思います。(過剰なご褒美はNGです。毎日の簡単な目標達成事に、豪華なケーキを食べるというような内容を本末転倒です。)10分ウォーキングしたからご褒美に肉まん2つって言ったらダイエットになりませんよね?人それぞれだとは思いますが。

小学校の夏休み、ラジオ体操に行くとスタンプカードにハンコを押してもらえて、最後夏の終わりに、マクドナルドの交換チケット引換券と交換のような特典が昔あったと思うのですが、私は手帳に、節約できた日には、手帳にloftで買ったハンコを押してゆき、月10個貯める事ができたら、ご褒美を買うような事に取り組んでいます。もしも続かない方は、試してみては?

目標設定をする際には、最初は意気込んで頑張ってしまいますので目標設定をついつい苦しい傾向に設定してしまいがちです。目標は長く細く続けてゆくためには、最初の目標設定のハードルは低くしておくほうが、早めの成功体験が可能になります。

例えば、毎日買っているラテマネーを2日に1回にて、水筒を一日おきに持って出かけようと考えて達成できたら、手帳にハンコを押して、達成感を満たしてゆきます

そういった成功体験から、段々と月1万円、月3万円、月5万円からジョジョに増やしていければよいと思います。是非もう一度、家計簿アプリを起動して、今日は貯金残高を確認するだけで終わりとか、

簡単にできる事から始めてゆき、まずは3月後半戦、の残り2週間を確実に支出を登録ができたときには、十分すぎる程の経験を得られていると思います。

節約って大変なんだな。と家計簿つけるのも大変だな とか 小さな事でも経験から学ぶ事もあると思います。1か月節約と家計把握を無事できたという経験値から次の月からは、自分の経験した成功体験を生かして1か月目よりも、家計管理をすることに対して余裕が出てくると思います。

尚且つ、普段生活から、あまり苦労する事なく節約が段々と身体に定着してきます。

先ずは、貯金する額は関係なく、100円玉貯金のように貯金箱に入れてゆくような貯金から始めてもいいと思います。貯金箱が段々じゃらじゃら音がするようになって、そのうちズッシリと重たくなってきますので、気持ちが折れない様に努力してゆきましょう。

まとめ

今回はモチベーションを維持する事は難しいという事を身をもって経験された方に、貯金を再度始めるためのモチベーションをアップしてもらう為に、原因分析と対策案を書かせていただきました。

もしも3月から家計簿アプリで支出管理を初めてはみたが、挫折しそう、挫折しかかっているという方はも一度気持ちをしっかり持ち直し、目標設定に不備はないか安全点検を行ってみましょう

ちいさな成功体験を積み重ねる事で大きな成功体験になりますので、まずはご自身で自分自身を称賛してあげる事で達成感、承認要求を満たす事ができます。

初めはみなさん、めんどくさい事は挫折して、モヤモヤしていくものですが、ちゃんと実行してゆくことで貯金は成功します。3月も後半戦、後2週間の支出を入力する事を再度取り組んでゆきましょう。

また目標に突き進んでゆくためには、ゴール設定した写真を常に見える場所に貼っておき、折れてしまいそうになったときには、写真をみて戒めを行う事は大切な事です。

あと、親しい友達や、両親、SNSに匿名宣言してしまう事で、自分で自分の行動に火をつけるという方法もあります。定期的に友達、親から貯金が順調に溜まっているかフォローアップをされていい刺激になると思います。しかし、やろうとするからには必死で貯めていかなければ信頼も失う事もあるかも(?)

是非、無理のない長くて、細く継続してゆける貯金生活を目指してゆきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました