投資信託の手数料、抑えておくべき3つの経費

貯金ゼロから1000万円貯める計画

こんにちわリーマン★ダイです。😁

平日の真ん中、水曜日が終わり週末にむけてラストスパートの人、疲れが溜まってしまった人も、
色々あると思いますが、是非ご安全にお過ごしください。

今回のテーマは、資産運用を行ってゆく上で、発生してくる手数料を『つみたてNISA口座』で運用した場合どのように違いや、注意点を一度おさらいしてゆきたいと思います。

先日、つみたてNISAは非課税運用だから確定申告も税徴収されることも無いという記事を書いていますのでソチラを未だ読んでない方は、先に読んで頂いたほうが理解が良いと思います。

スポンサーリンク

自己紹介

本題に入る前に少しだけ自己紹介させてください。

2月末にブログ開始し、2か月連続キープして運営させて頂いておりますリーマン★ダイの更生雑記ブログです。宜しくお願いします。

ブログでは、節約、資産投資を行い、10年後に1000万円の資産形成を目指して活動しております。
また家計簿公開や資産投資状況と累計資産額についてもブログで毎月公表させて頂いております。

2月から3月、4月と3か月連続で黒字家計を達成中。また、1000万円までの資産形成の為、毎月10万円以上を貯金と資産形成に投資を継続中です。未だ未だ金額としては大した額も貯まっていませんが、是非今後も応援の程宜しくお願いします。

投資信託で資産運用にかかる手数料とは?

投資を始める上で気になる(不安になる)のが、自分が損してしまったらどうしよう。赤字になって、
負債になってしまったら返済するのかな?といった気持ちになると思います。
そして漠然とした『経費率』!?といった謎の言葉

年間○○○○円までは300円とか言ってくれないからひやひやしちゃう。その他にも投資信託を始めるためには知っておかなければならない手数料があります。

何故、ざっくりと金額で言ってくれないんでしょうね?
さて此れから資産運用を頑張ってゆくぞって時に、維持手数料0.18%ととか書かれていても直ぐに計算できる人いますかね?
なんだか水差された感じがしてハードルをちょいちょい上げてきますよね。困ったものです。

投資信託にかかわる3つの抑えておくべき手数料をつみたてNISAと比較

先ず、つみたてNISA口座を開設完了すると、投資先商品を選ぶ事になるのですが、原則的に積立NISAの場合は、日本の金融庁が認可した投資信託に年間40万円を上限として、均等つみたてだとすると33,333円が上限ボーナス追い金をする場合は月々の積立額は少し低くなります。を投資する商品銘柄(ファンド)を選びます。
色々な種類があるので、その解説は別途行いたいとおもいますが、基本的に投資信託には次の3つの手数料が発生してきます。

💡投資信託手数料💡

  1. 販売手数料
  2. 信託報酬
  3. 信託財産保留

※一度に一気に発生するものではなく、都度都度発生しているのが一般的です。

販売手数料

こちらは、投資信託を購入する際に発生するコストになります。
この金額については証券会社がこれを受け取って証券会社の利益となり、また販売手数料については一律金額が決まっておらず、証券会社等の金融販売会社が独自で決定してよい事になっています。
(別の記事でも口がすっぱくなる程、申し上げていますがネット証券楽天証券が一番手数料がお安く済みます!店舗型の銀行窓口で相談しててはダメです!)
さて、投資信託の販売手数料についてですが現在、ネット証券の業界介入が著しくなっており、価格競争が始まった事で販売手数料は無料(ノーロード)のファンドが増えています。
また、つみたてNISAで積立設定する場合は販売手数料無料としている商品銘柄もあるので、スポット購入の場合、手数料取られてしまったという方もあると思いますので是非、ファンドの説明には何度か目を通しておいていただきたいと思います。

信託報酬

投資信託は、私たち株取引を始めたばかりの初心者が大損をしないように投資信託の基準価格が、目標としている指標に連動して上昇してゆくように株式の組み換えや、損益のカバーをして運用してくれている方が証券会社にいらっしゃります。(機関投資家とかファンドマネージャ他)に対し、年間運用をして頂いた代償として支払う運用費になります。

※年末に一括振込をするのではなく、日々の基準価格が改定される際に、微々たる手数料を徴収されてしまっているため、あえて振込を行う事はありません。

こちらはつみたてNISA口座で運用した場合でも同額発生しますので注意が必要になります。
また、つみたて投資を始めたばかりの時は、大体の大まかな基準があったほうがよいと思いますので、参考に書かせて頂きます。
インデックス指標に連動するタイプの投資信託においては、年間の維持手数料が0.19%以上は高いと考えて頂いた方がよろしいと思います。

今後20年間で満額800万円(年間上限額40万円x20年間)に0.19%を手数料をもっていかれると思うと信託報酬ってバカにできないです。こちらについては、所有している投資信託を売却するまで毎年差し引かれて徴収されている費用になります。

※つみたてNISA始めたばかりは、気に留めず流してしまいがちですが、これからの資産運用に於いては小数点第1位/2位ぐらいまでが非常に明暗を別ける事になりますので小数点以降の数字についても気を掛けておくとよいでしょう

信託財産保留額

こちらは投資信託を運用して利益が発生したところで売却する際に、解約作業として事務作業を行いますのでその人件費とか印紙代とか、その他もろもろを売却する人が一定額支払い他の積立投資をしている人の利益分を減らしてしまわないようにするための費用が発生します。こちらもつみたてNISA口座の運用だからといって免除されることは無く一律で費用を差し引かれてしまいます。
さらに一般口座、特定口座で運用されていた方は、このタイミングで利益に対して、20%の課税対象額が決定され、利益が確定します。
源泉徴収アリの場合、このタイミングで税金分を差し引かれます。
NISA口座の場合は、課税対象ではないので保留額を差し引かれた後の金額はすべて、証券口座もしくは、指定の口座に振り込まれます。
※後々に、確定申告する必要もないですし、追徴される事もありません。

まとめ

以上、投資信託手数料についてご紹介してみました。

纏めると、以下の図になります。

つみたてNISAにおいては、長期投資がメインとなりますので、信託報酬が限りなく少ない経費率の投資対象を選定する必要があります。

また、インデックス投資に於いては、指標となる数値との乖離が大きい投資信託は、選択を避けておくべきでしょう。

販売手数料についいては、つみたてNISAの場合、無料のファンドが多くなってきています。

現在はネット証券会社同士の競争が激化しており、つみたてNISAでなくても販売手数料無料が当たり前になってきています。販売手数料が安いネット証券としては、SBI証券が無料が多いです。

また、楽天系サービスをよく使う方は、楽天証券も非常に良いコストパフォーマンスになっておりますので、自分の生活として楽天サービスをよく使う方は楽天証券を選択しても問題ありません。

どちらも甲乙つけ難い程良い証券会社になっていますので、是非口座開設してみてください。

勿論、私はどちらの証券口座も開設させて頂いております。

さいごにお願い

現在、リーマン★ダイの更生雑記ブログでは現在、ブログ村ランキングに挑戦中になります。

つきましては、最後までお読み頂き、今後も応援頂ける方は是非、ブログ村ランキングが右側サイドバーにありますので、投票をお願いしてます。宜しくお願いします

コメント

タイトルとURLをコピーしました