投資デビューには、つみたてNISAが相性抜群の話

貯金ゼロから1000万円貯める計画

こんにちわリーマン★ダイです。

今回は、これから投資デビューをして資産運用、頑張って貯金貯めていくよって人におススメできる
つみたてNISAがなぜ良いのかをお話したいと考えています。

最後まで読んで頂く事で、これまで以上につみたてNISAの良さを実感できるような記事にしてみますので是非最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

なぜ一般NISAではなくてつみたてNISAなのか

先ず初めに、投資デビューを飾るには、一般NISAではなく積立NISAにしておくべき理由を解説いたします。一般NISAというのは、5年間非課税で運用ができ毎年の非課税限度額が120万円に設定されており、投資信託だけではなく、国内株式・債券、外国株式・債券、REITまでなんでも上限額を越えない限り購入可能になっている制度ですが、投資銘柄が沢山ありすぎて迷ってしまいます。何をするにも、最初は小さく初めての大原則に反するからです

また、一般NISA口座では積立定期買付設定ができないため、毎月自分で銘柄を買い付ける注文をださなければなりません。(一部、定期買付可能な証券会社もありますが基本的には自分で買付する)

そうした場合に、買付作業を忘れてしまう私情に流されるリスク配当金再投資のリスクなどが不安材料として挙げられます。

買付作業を忘れてしまう

長期運用を考えて毎月買付してゆく上では、毎月決められた日に同額を購入する事が大切になります。
今日は月始めに買ってみたり、先月は月末といったように積立投資をしているが、定めた日を指定して購入していないと、ひと月平均の株価が均等に均されないため、長期的な株価でみると毎月定めた日に買付よりも若干劣る結果になりかねません。

毎月、同じ日に積立設定をしているつみたてNISAのほうが、自動で買付が走るため、買付の日を忘れていても自動で決められた金額分だけ買い付けてメールでお知らせしてくれるので常に投資の事を考えていないでも適切に運用されて株価が上昇してゆきやすい。

私情に流されるリスク

つみたてNISAのように定期的に買付が自動で実行されないと、自分で買付の手続きを行わなければ追加の銘柄投資ができないのですが、機械とは異なり人間の場合は、先月はもう少し安かったなぁ。もう少し買付を遅らせたら安くなるかもしれないから、安くなってから買おうと考えるのが、私情を投資に入れてしまい、買付処理の機会損失になってしまう可能性があります。

なので、つみたてNISAの様に機械的に冷酷に買付する事で、長期目線で含み益が多く出る事でしょう。(つみたてNISAは暴落局面でも淡々と命令処理をこなしてくれるので機会損失は限りなく怒らないでしょう。)※システムトラブル等の障害時を除く。

配当金再投資のリスク

い一般NISAで資産運用をしていると投資銘柄にもよりますが、4半期ごとや2半期ごとに配当金や分配金が払い出されることがあると思います。その配当金を眠らせておくのではなく、再投資する事で、複利のパワーを享受する事ができるのです。

しかし誘惑に負けて、浪費に使ってしまったりすると複利効果が発揮できなくなってしまいます。

その点、つみたてNISAに採用されている投資信託については、分配金を払い出さずにそのまま再投資をする事ができる設定になってますので、面倒な配当金再投資の作業を行わなくても勝手に再投資をしてくれるので、介入が少なく済みます。

以上の事から投資デビューには、『つみたてNISA』がふさわしいと考えています。

その他にもいくつか、メリットがあるのでそちらについてもご紹介させて頂きます。

  • 投資商品は基本的に投資信託で株式100%か複合型(株式+債券他)の分類がある。
  • つみたてNISAで積立できる投資銘柄は、金融庁が認可した案件のみ投資できる。
  • つみたてNISAは長期運用とコツコツ投資をする事で無理なく続けられる。
  • 資金拘束機能は存在しない。
  • 初期設定を済ませたら、後はほったらかしで資産が形成されてゆく。
  • 非課税運用期間中の運用益は20%税金が免除になっている。

これから1個ずつコメントしてゆきたいと考えています。

投資商品は投資信託で、株式100%の銘柄や複合型の銘柄分類がある。

さて、20年間資産運用を行うとした時に、運用開始した年齢によって、家族構成、職業などによってリスク許容度が異なり、みんな同じではないと考えています。

20歳からNISA口座は申し込めますが、運用期間に余裕がある方は、強気に株式のウェイトを増やしてゆくと思いますし、つみたてNISA運用が終わったら私の様に老後突入と考える方もいらっしゃると思いますので、そういった方には、若干債券を多めにしたりして、自分のリスクに対応して積立設定する商品を選んでいったらよいと思います。

つみたてNISAで積立てできる投資銘柄は、金融庁が認可しています。

つみたてNISAを初めて、何となくよさそうなファンドを見つけたのでそのファンドに投資してみようとしたら、急に飼い犬に手を噛まれるように、今までとの対応が180度かわって、私たちの大事な投資資金をついばんでくるファンドは沢山ありますので、それを防止する為に、金融庁が許可した185種類の投資商品にしか積立設定ができないようになっていますので、お金を損するリスクが限りなく減ります。

つみたてNISAは長期投資運用とコツコツ積立投資で無理なくつづけられる

過去にも記事に書いたことあると思うのですが、大事な事なので再度申し上げます。
つみたてNISAの非課税運用期間は20年で、毎月、少額33,333円を投資に回す事で無理なく長期的に時間の分散投資が効き、株価の高値掴みをしてしまうリスクが減ります。

基準価格が高い時は少ししか買付できない。基準価格が低い時にはいつもよりも多く買付ができるので株価の回復局面では非常に多くの含み益を得られると思います。

また、過去から毎回のように言っていますが株式市場から退場しない事が一番大事です。失敗したとしても株式市場に残り続ける事ができるなら、きっと失敗は現在のあなたの糧となっている事でしょう。

資金拘束力がない。

みなさんは個人型拠出年金iDeCoについてはご存知でしょうか?
iDeCoも大変人気のある個人拠出の年金を作るための節税ができる制度になるのですが、こちらの運用については、個人向けの年金を作る事を目的としている為、資金拘束期間が発生してしまいます。
(原則として60歳に到達するまでは解約はする事ができません)

このように、資金拘束機能が一般NISA、つみたてNISAにはありません。

任意のタイミングで、解約する事ができる制度になっています。しかしながら、短スパンで買付と売却を繰り返していると、複利の効果が薄れてしまったり、そもそも元本を維持する事ができなかったりとなることもありますので、簡単にスイッチングとかを行うのはおススメできません。

初期設定を済ませたら後は、ほったらかしで資産運用が可能

証券口座を開設して、銀行口座から引き落とし設定をしたら、いよいよ投資銘柄の選定になります。

それも無事終わって積立設定まで完了すると、後は何もすることがありません。

あとは3か月に1回ぐらいの頻度で、証券口座の残高を確認したりするだけで十分です。

むしろ完全に忘れて頂いていたほうが、結果的に複利効果を最大限に生かして、資産形成の成功に
つながる可能性が高まるのです。

その他:月額投資できる価格ってどれぐらい準備できますか?

明確にいくら毎月積立投資をしていれば十分という正解はないのですが、年間の投資可能上限額が40万円としてきまっているので、マックスで33,333円になります。

投資デビューをされた直後の、果たして33,000円を毎月積立て行くことができるかによって将来が変わってくると思います。また一般NISAですと毎月10万円まで投資が可能になってきます。

資産投資を始めたばかりの頃は、株価の変動、値下がりに対して免疫ができてませんので、投入資金額が多いと、何をしていても、株価が気になって仕方がなくなってしまいますので、少額から練習して、耐性を持っていただく事が必要だとおもいます。段々と慣れてきたら1度に投入する資金を少しずつ増やしてゆく事が大切だと思います。

まとめ

さて今回も、これから投資デビューをする人につみたてNISAはとても相性がいいですよというおススメを書かせて頂きました。

投資デビューしてすぐに投機みたいな行動をとってしまうと、株式市場に於いて長期に生き残って資産運用をする事は難しくなってきてしまいます。

なので、何事にも無理をせず、33,333円の掛け金も高額だと思う方にとっては10,000円でも20,000円でも投資して身体が株価の変動に慣れる事ができるようになった頃には、資産投資の知識も備わってきていると思いますので、特定口座を利用して他の自分の好きな個別銘柄に20%を上限に投資をしてみるとか色々な組み合わせを取る事ができると思います。

つみたてNISAは、そのんな投資デビューを飾るために本当にお得な制度になりますので、1日も早く証券口座の解説とつみたてNISA口座の解説を行い、投資家の初めての1歩を勇ましく歩んでいってください。どうぞよろしくお願いします。

この記事がいいなと思われた方は、↓下にありますブログ村のバナーをワンクリックしていって
頂けると大変喜びます。是非ご協力お願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました