つみたてNISA始めて20年後に暴落してたらどうするの?

貯金ゼロから1000万円貯める計画

こんにちわリーマン★ダイです。

楽天モバイル1年間無料の受付、今日で締め切りでした。皆さん節約生活へのVIPチケットとして
楽天モバイルMNPできましたでしょうか?

今日の記事は、つみたてNISAの出口戦略についてお話をさせていただこうと考えています。
インターネットで検索していると、つみたてNISAの制度は理解した、どうやら積立投資をすると今後の世界経済状況からしても銀行口座にお金を入れていても儲からないという事も理解したといった方、もう、あと一歩で積立NISA口座開設して投資デビューできるって予備知識までもった方の目に飛び込んでくるのが、ネガティブなワードになります。

投資デビュー予定者
投資デビュー予定者

つみたてNISAの予備知識も勉強したし、そんなに皆がおススメするならきっといい制度なんだろう。口座開設して自分なりの資産投資を頑張るぞ!!

先行者
先行者

頑張って投資しても20年後に株価が大暴落していたら元本割れして損するだけなのでつみたてNISAはやらないほうがいいかもよ?

投資デビュー予定者
投資デビュー予定者

そうなの~?

でも投資をするって元本保証されないって言ってたし、やめておいたほうがいいかもしれない。どうしよう・・・資産運用って危険なのかも。

って事になりかねないので、つみたてNISA始める前に、その疑問について明るい未来をちょっとだけお知らせさせて頂き、つみたてNISAから投資デビューをされる方の足枷にならないようにお悩みを解決しておきたいと思いますので、最後まで読んでいってください。

結論だけ先に申し上げると、大損する事はないから、サクサクって口座開設して投資デビューしよう!

理由についてはこの後解説しております。

スポンサーリンク

自己紹介(既にお読みの方は毎度同じで恐縮です。読み飛ばしてください。)

このブログサイトでは、日本の典型的な金融教育を全くと言っていいほど受けていないリーマン★ダイが節約生活や、資産運用を行い、10年後に1000万円の資産形成を達成するまでの状況をアップデートしてゆくブログサイトになります。ブログサイトでは、毎月の家計簿状況や、積立投資資産状況も更新してゆきますので、是非最後まで応援の程よろしくお願いします。

株式の暴落周期は、どのくらい?

先ずは、投資デビューするにあたり、知っておくとよい知識として過去の株式値動きを振り返って観察する事で、暴落ってどのぐらいの周期でやってくるのかが分かると思います。また、暴落してから底値をついて上昇トレンドに入るまでの周期についても知っておくとよいでしょう。

ここからは結構大事な事なので文字を大きくして書いておきますね。

一般的な株式市場の暴落とは、5年周期でやってくるといわれています。

4/7日のリベ大、両学長のYouTubeでもタルムードの格言について解説をして頂いておりました。見てない方は是非、検索して見てみてください。学びの多いものとなっています。

そのタルムードの経典においても、株式相場の周期というものは7年周期で回っているそうです。

ヘブライ語を私は理解できないので、どっぷり両学長が言った事を鵜呑みにしているのですが、

ともかく、5年周期で暴落と云ったら、つみたてNISAの非課税運用期間というのは20年なので、開始時期にもよりますが、もしかして運悪く含み益をもったまま売却する事ができないケースもあると思います。

また、暴落局面から、上昇トレンドに変わるまでに要する株式市場の平均期間は、11か月間掛かっているようです。もちろん例外がありますので、もっと長期間に渡り暴落している事もありえるとは思いますが、5年周期で暴落、約1年期間が経過したら暴落直前の最高値まで株価が戻っているといった過去の実績があります。

また、これは迷信と云ってもよいかもしれませんが、暴落局面が終わって株価が上昇トレンドになったときに、暴落前の株価と並んだ場合、そこから倍の株価まで上昇するといったアノマリーがあると聞きます。必ずそうなるという事ではないので過信しすぎて直ぐに下降トレンドに巻き込まれないように注意はしておいてください。

といったとこで5年周期で暴落し、株価が回復するには約1年かかるという事を念頭に入れて置いて下さい。

つみたてNISAの非課税運用期間

次に、非課税運用期間についてお話させていただきたいと思います。

既にご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、非課税運用期間って20年間まで利用する事ができるんです。なので、5年に1回、暴落局面に巻き込まれるとして、単純計算で4回ぐらいは株価下落に遭遇する事になると思います。

最初の暴落については、アタフタしてしまい含み損のまま損切りして今ある元本金だけでも守ろうとする事態になってしまうかもしれませんが、長期目線で暴落するのがメカニズムなのだから仕方ないと腹積もりが決まると、株価下がったとしても、そのまま塩漬けにして次の回復局面で、またいっぱい儲けさせてくれよって気持ちで穏やかに過ごせれると思います。

それが2回目、3回目となってくると投資経験もある程度ついてくると、つみたてNISAだけでは足りずに特定口座で資産の運用も開始しているかもしれません。それはまた別の機会にお話しさせていただくとして、投資経験が付いてくるまで、毎日、何回も投資商品の基準価格を眺めるののは、やめておきましょう。不安なのはわかりますが、投資信託って、1日に1回、それも夜の10時過ぎにしか基準価格が変わらないので、何回見ても総資産価格は変わらないですよ。

1日の終わりに、寝る前に1回見ておけば十分です。また土日は株式市場は開いてませんので、基準価格は変わりません。土日はゆっくり資産運用の勉強をしたり、家族サービスする時間に使ってください。

つみたてNISAの20年後の出口

さて、基礎的な話は前の章で挙げさせていただきましたので、それぐらいの知識があれば、最初は十分だとおもいますので、証券口座(特定口座源泉徴収あり)とつみたてNISAの口座をサクサクっとインターネットで申し込みをしておきましょう。

どこの証券口座を選ぶべきかと悩む方もいらっしゃると思いますが、現在のネット証券の価格競争は激化しており、どこの証券口座で始めたとしても、それほど大きな失敗はないと思います。
注意点としては、つみたてNISA口座対応の証券口座が開設できるかどうかです。よくCMとかでみますLINE証券や、ネオモバイル証券は単元株未満の株取引に重宝される(現物株式に対して、スーパーの買い物した おつり500円で株式投資ができる証券)のような証券会社は利用用途が異なりますのでご注意をお願いします。

あとは、生活になじみのある証券会社が良いと思います。携帯がAUならAU傘下の証券会社、ソフトバンクなら、SBIとか。楽天ポイント貯めている方は楽天証券。(因みにリーマン★ダイは楽天証券です)

そんな感じで、口座開設して、サクッと投資家の1歩を踏み出して下さい。

口座開設には2週間程のやり取りが必要になりますので、早くて4月末には準備が整うと思います。

5月分の積立設定が間に合うかどうかって瀬戸際になりますね。急いで、モチベーションが高いうちにどんどん作業をこなしてしまってください。後回しにすると後悔の元になりますから。

そして、無事5月からつみたてNISAで少額ながらも積立を開始できるようになったとして、つみたてNISAの1年間の投資上限は40万円。期間は1月から12月までと決まっています。

投資資金に余裕がある方は、ボーナス払いで、1月から4月分の積立できなかった4か月分を追い金して年間投資上限額の40万円を達成できるように調整してみても問題ありません。

しかし12月で40万円に到達してても、してなくても翌年1月からは次の上限40万円の枠がスタートしてしまいますので、40万円の非課税枠は基本的に使い切ったほうがお得です。

これから長い長い、つみたてNISA投資がそこからスタートし、20年間非課税で運用できます。

しかし、20年間の間積立したお金というのは、全額20年後に一気に非課税枠が終わってしまうという事ではありません。

今年2021年に積立したお金   →2041年に非課税期間が終了

翌年2022年に積立したお金   →2042年に非課税期間が終了

 ・・・・・・・・        ・・・・・・・・・・・・

未来2041年に積立したお金   →2061年に非課税期間が終了

といった様に最初に積立した1年間のお金が順番に1年ずつシフトして、非課税運用が終了してゆくのです。

それでないと2041年に投資するお金って運用期間が20年もないのに利益になる訳ないじゃんっておもってしまいますよね。(そんなのモチベーションが続かないです。)

ちゃんとつみたてNISAを始めようと、投資信託の勉強をされている方は既に、辻褄があったかもしれませんが、この後、どうして将来の暴落リスクを取ってでもつみたてNISAを始めるほうがよいか解説させていただこうと思います。

王道のインデックス投資をつみたてNISAで行う理由

インデックス投資とは、既にファンドの説明は過去に行っていますので割愛させていただきます。
(まだ読んでない方はそちらも是非読んで知識を高めてみてください。)
インデックス積立投資は、100円から33,333円までの上限金額を毎月コツコツと投資銘柄に積立てゆく投資方法で、投資の世界で有名なウォーレンバフェットさんも今なお行っている戦略となります。

理由1

毎月同額の資金を積み立てる事によって、基準価格が高い時には少ない口数しか購入できないが、基準価格が低い時には同額の積立でも、より沢山の口数を購入する事ができるのです。

なので、先ほどのモデルケースに戻って考えてみます。
今年2021年から、つみたてNISAを始めた方が最初の非課税枠運用が終了するタイミングが2041年になります。その時が大不況、株式市場暴落状態だっとします。

2041年に非課税枠終った1年分のお金は、大暴落真っ最中で元本割れしてしまい、可能ならば元本分は、取り返してから投資信託を売却したいと考えるでしょう。

→できるんです。詳しくは次の章で解説しようと思いますが、非課税期間が終わった投資信託は、必ずしも売却しなくてもいいんです。非課税運用が終わり、課税対象の資産として保有する事ができるので株式市場に活気が戻ってきてから売却すれば問題ありません。(若干、運用による税対象にはなってしまいますので注意が必要です。)

理由2

以降1年ずつシフトして、投資商品が非課税運用が終わってゆきますが、その時には既に少しづつ暴落局面を終えて基準価格が上昇トレンドに入っている事と思いますので、2042年以降の投資信託商品については、場合によっては非課税運用が終わるギリギリのところで売却して運用益を確定させてしまっても問題ないのです。

理由3

更に、先ほどの例で2041年が大暴落している株式市場では、その年が、つみたてNISAの積立投資ができる最終年にあたりますので、毎月33,333円を機会的に投資できたとしたら、通常時よりも非常に沢山の口数を購入する事ができると思いませんか?

それが20年後の非課税運用期間中に、売却できたら含み益は、凄い額になると想定いたします。

以上の理由からインデックス積立投資を行う事で、つみたてNISAの出口は安泰だと考察しています。

非課税枠運用中・運用後の選択肢

最後に、つみたてNISAの非課税枠運用中・運用後の選択肢について改めておさらいしておきます。

前の章で述べてしまったところもあるのですが、非課税運用枠は1年ずつシフトして終了してゆくため一度にすべて終了してしまう訳ではありませんのでご安心ください。

非課税運用が終了するにあたり、以下の選択肢を選ぶ事ができます。

選択1:含み益、含み損はあるが、綺麗に清算して売却してしまう

20年間、ずっと資産運用をしてきたが、今後の投資目的や、生活補填の為に多少の損失や、利益が出ている状態だが、売却してしまうと決断する事ができます。

勿論、非課税運用期間であれば、税金はかかりませんので売却時の価格を確定させる事ができます。

選択2:含み損で元本割れしているから売却せずに元本は取り返したい

暴落局面などで発生する事象だと思いますが、やはり投資元本は取り返したいので今売却するのは避けたいと考える事は起こりえると思います。

売却せずに非課税運用期間を終了させることも可能です。その場合は、新たに基準価格が再設定されてご自身のお持ちの特定口座もしくは一般口座に引き継がれます。

含み益が出ている場合、投資元本と含み益を足した価格が課税口座に資産として引き継がれます。
(この場合の含み益に対する税金20.3%は非課税となります。)
勿論、その後の売却益についても税金20.3%が課税されます。

逆に含み損が出ている場合、含み損で元本割れしているので利益が出てないので税対象にはなりません。しかしながら、元本割れした価格で資産を引き継ぎされるため、その後に基準価格が回復して資産売薬をされた場合は税金20.3%が課税されます。(元本取り返そうと思っただけなのに。。。)

※そのまま売却せずに資産として保有を続ける時には以上の注意が必要になります。

まとめ

以上、長くなりましたが、つみたてNISAの20年後の出口戦略について、今回はかき出してみました。

私の考えとしては、私も最初は色々分からなくて悩みました。テレビでよくやってる株で大損して家とか競売にかけられて途方に暮れるみたいなシーンを想像したりしました。

しかし、それは積立NISAにおいては起こりえません。損したとしても家まで没収されたり資産差し押さえられたりという事はないと思います。

つみたてNISAでは、20年間の運用期間がありますので20年もあったら株価が暴落する局面というのは必ず経験する、しかたのないものって理解して臨む事で、気持ちが楽になるかもしれません。

また20年後に暴落していたらどうするのか、そんな事はなってみないと誰も断言することはできないですが、20年経過したら掛け金全て非課税対象から課税対象になってしまうという事もなく、1ねんずつシフトして課税口座に移るだけなので、暴落しているのであればそのまま持ち続ければよいだけで、株価の値段が戻ってきたときに売却すれば利益になりますので、さほど先の事を思い病むよりかは、つみたて投資を始めながら、勉強して20年後に、そのまま運用するのがベストか、売却してしまうのがベストか自分で判断できるように知識をつけておく事のほうが大切なのだろうと考えます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました